どれだけ知ってる?本場アメリカのハロウィン事情(1) | WhyNot!?JAPAN

どれだけ知ってる?本場アメリカのハロウィン事情(1)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

blog_halloween

実際に外国人と出会えるWhyNot!?国際交流パーティーに参加してみよう!

 

近年、若い人たちを中心に日本でも定着しつつあるハロウィン。あなたはハロウィンについて、どれぐらい理解していますか?今回は、ハロウィンの起源や本場アメリカでのハロウィン事情についてご紹介します。

 

halloween-picture-1024x680

出典:http://pentucketnews.com/

 

アメリカへ輸入された祭り

ハロウィンは毎年10月31日に行われる祭りです。ハロウィンといえばアメリカを連想する方が多いのではないでしょうか?ところが、アメリカでもともとあった祭りではなく、古代ケルト人の秋の収穫を祝う祭りが起源とされています。

古代ケルト人の祭りは、例えるなら日本のお盆と大晦日が一度に来たような感じです。古代ケルト人にとって、10月31日は夏の終わりであると同時に、一年の終わりを意味しました。この日は冬の始まりを意味し、死者の霊が訪れると信じられていました。霊の中には悪霊も交じっており、マスクを被ることで身を守ることができると信じられていました。

この祭りが遥々アメリカへ渡り、年月を経て徐々に形を変化させた結果、仮装を楽しむ現在の形のハロウィンとして定着したと言われています。アメリカでハロウィンが盛り上がりを見せる中、イギリスでもアメリカから『逆輸入された』ハロウィンを楽しむ人たちが増えているのだそう。

 

ジャック・オー・ランタンの意味

ハロウィンのシンボルといえば、オレンジ色の巨大なかぼちゃです。かぼちゃには目、鼻、口があしらわれ、中にはロウソクが灯されます。このかぼちゃを英語で、ジャック・オー・ランタン(Jack O’ Lantern)と呼びます。アメリカでは9月に入ると、スーパーの店先でハロウィン使用の巨大かぼちゃが売り出されます。かぼちゃをナイフを使用して中身をくり抜き、顔などの装飾を施すことを、パンプキン・パッチ(pumpkin patch)と呼びます。

 

以前著者も挑戦してみたのですが、かぼちゃの表面は硬いので、くりぬくのは思いのほか難しく、細かい模様やデザインを手掛けるのは想像以上に骨が折れました。また、かぼちゃの中身は種が大半を占めており、かなり水っぽかったのを記憶しています。日本人にとっての秋の味覚の代表のひとつである、外側が深緑の中身がガッチリ詰まっているホクホクしたかぼちゃとはまったく異なっています。

 

ジャック・オー・ランタンといえば、ヘッドレス・ホースマン

さて、このジャック・オー・ランタンですが、家の玄関先に置くこのは悪霊を怖がらせて追い払うためだといわれています。アメリカでジャック・オー・ランタンと対に語られがちなのは、ヘッドレス・ホースマン(Headless Horseman)でしょう。ヘッドレス・ホースマンは残忍なドイツの騎士で、首を切られて死んだ後、首なし騎士(ヘッドレス・ホースマン)として復活した悪霊です。頭がないので、代わりにジャック・オー・ランタンを伴っています。

 

ニューヨーク近郊で語り継がれていた都市伝説で、1920年に作家ワシントン・アーヴィンにより小説化されました。この小説をもとに、1999年にはジョニー・デップ主演の映画『スリーピー・ホロウ(Sleepy Hollow)』が上映されました。また、2013年からはテレビドラマ化されています。興味のある方は、是非チェックしてみてください。ちなみに、日本では知名度の低いヘッドレス・ホースマンですが、アメリカのディズニーランドではハロウィンのイベントが開催されている間は、彼に会うことができます。

 

ハロウィンがもたらす経済効果

ハロウィンの経済効果は決して馬鹿にできません。日本ではディズニーランドがハロウィンを日本社会に広めた立役者と言われていますが、その後じわじわと知名度を上げました。若者を中心に支持を得た結果、2014年度のハロウィンの経済効果は1100億円に上ったのだとか。ハロウィンはバレンタインデーの経済効果を抜き、クリスマスの次に大きなイベントになりました。

 

本場アメリカでは、宗教色がないからかハロウィンの支持層が広く、経済効果はなんと約5200億円近くに及び、小売店に『ハロウィン特需』をもたらしています。ちなみに、消費の内訳は、36%がコスチューム、31%がお菓子、28%が装飾品、5%がカードとなっています(※1)。ハロウィンはビールの消費が多くなる日でもあります。トップ5入りこそしていないものの、売り上げるビールの缶の数は、5200万近くにものぼります。

 

最近では早いところでは8月の半ばからハロウィン関連の商品を売り出す店も。9月に入ると、ハロウィン使用のパッケージに入ったお菓子が売り出され、10月には町中がオレンジ色と黒のハロウィン・カラーで溢れ返ります。掻き入れ時ともあって、期間限定のコスチューム販売特設会場もお目見え。ちなみに、ハロウィンの関連商品を安く買うには、半額以下の値段になるハロウィン直後が狙い目です。ちょっと気が早いですが、翌年の準備に最適かもしれませんね?

どれだけ知ってる?本場アメリカのハロウィン事情(2)へ続く

 

WhyNot!?ハロウィン仮装パーティーに参加してみよう!
(800人の外国人&日本人が参加するよ!)

blog_halloween

参考文献:

(※1)The Halloween Economy: $2 Billion in Candy, $300 Million in Pet Costumes

http://www.theatlantic.com/business/archive/2011/10/the-halloween-economy-2-billion-in-candy-300-million-in-pet-costumes/247531/
http://247wallst.com/economy/2012/10/29/the-real-cost-and-value-of-halloween-is-more-than-10-billion/
http://www.pumpkinpatchesandmore.org/halloweenfacts.php
http://www.huffingtonpost.com/2011/06/14/top-7-beer-holidays_n_876548.html



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

この記事のライター

オリビア