ちょっと待った!裏ピース、知らずにしていませんか? | WhyNot!?JAPAN

【実は危険!】裏ピース、知らずにしていませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

手の甲見せながら中指を真っ直ぐに立てて他の指を曲げる…このハンドジェスチャーが相手を侮辱する意味合いを持つことはあまりにも有名です。ところが、日本では若い世代を中心に気軽に使用されているのに、実は海外ではマズイ意味があるハンドジェスチャーが他にもあることをご存知でしょうか?今回は、その『問題のハンドジェスチャー』についてご紹介します。

 

手の平を外に向けたピースサインはセーフ

カメラに向かってピース!これは、日本人が写真に写るさいによく見掛ける光景です。ピースサインは英語でVサインとも呼ばれ、平和や勝利(Victory)の象徴とされています。日本ではコニカのコマーシャル内で芸能人の井上順氏がピースサインをしたのがきっかけで、ピースサインが爆発的に流行ったそうです。手の平を外側に向けたピースサインは、世界的にみても概ねポジティブな意味合いを持っています(ただしギリシャは例外で、ピースは犯罪者の意味があるそうです)。一方、手の平を内側に向けたピースサインはネガティブな意味になります。そうです、近年では日本の若者が写真やテレビの中でもよく披露しているアレです。

 

gesture-422566_640-556x370
出典:http://sekaiwoasobe.sakulight.com/

 

手の平を内側に向けたピースサイン(裏ピース)はアウト?!

いつの頃からか、手の平を内側に向けたピースサインをしている日本の若者を頻繁に目にするようになりました。巷では、裏ピースと呼ばれているこのハンドジェスチャー。顎や頬のラインが隠れることで、小顔に見せる狙いがあるそうですね。著者はそれを見るたび、それはマズイで…と心の中で突っ込んでいました。なぜなら、英語でTwo-finger salute(オーストラリアでは、The forks)と呼ばれる裏ピースには侮辱的で挑発的、しかも卑猥な意味合いがあるからです。特に、イギリス、アイルランド、オーストラリア、ニュージーランド、インド、そしてパキスタンでは、裏ピースはお馴染みの中指を立てるハンドジェスチャーと同じ意味合いがあります。同じ英語圏でもアメリカではその意味を知らない人もいるようで、BBCアメリカでも以前それが取り上げられていました。一部の海外諸国で何も知らずに裏ピースを公の場でしてしまった結果、血の気の多い相手に『喧嘩を売ってんのか?!』と激昂される可能性がなきにしもあらずです。

 

裏ピースを口元に近付けると更にマズイ?!

若くて可愛らしい日本人女性が、写真撮影のときににっこり笑った口元で裏ピースをしているのを見ると、著者はギョッとしてしまいます。このハンドジェスチャーは裏ピースよりさらにマズさ倍増です。こちらのハンドジェスチャーはアメリカも含めた英語圏では御法度と言っていいでしょう。正確には、『裏ピースの間に舌を出す』ハンドジェスチャーなのですが、非常に下品で卑猥極まりないものとして認識されています。2本の指を女性の脚に見立てており、早い話がオーラルセックスを意味するのです。男性がこんな卑猥なハンドジェスチャーをしたら、気が強いアメリカ人女性が相手の場合は(というか、アメリカ人女性は総じて気が強いですが…)はボロカスに罵られてこき下ろされるか、最悪の場合はボコボコに殴られかねません。性的な意味を連想させる口付近の裏ピースは、英語圏では控えておくのが無難です。

 

まとめ

数年前、当時大人気だったイギリスのボーイズ・バンドのワン・ダイレクションがテレビの音楽番組に出演したときのことです。日本の某アイドルグループのメンバーが『アイラブユー』と言った後に裏ピースでポーズをとってしまったことが話題になりました。ワン・ダイレクションのメンバーは怒りはしなかったものの、微妙な表情…。知らなかったのだから仕方がないとはいえ、無知であることは恐ろしいと考えさせられた一件でした。日本国内で日本人同士で裏ピースをしている分には問題はないでしょう。しかし、外国人と関わる仕事に就いている人や、今後海外で生活する予定の人は要注意。変な誤解を生んだりトラブルを招かないためにも、これを機に裏ピースは封印するのが賢明かも知れません。日本を出たら【旅の恥は掻き捨て】ではなく【郷に入れば郷に従え】の精神を遵守したいものですね。

 

▶外国人と出会える、国際交流パーティーに参加してみよう!
(今月のイベント一覧)

その他の『海外ネタに関する記事』はこちら:海外ネタ記事一覧

 

Blog_whynot Blog_lesson



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

この記事のライター

オリビア