【海外のハーフ事情】混じっている事は良いことだ!? | WhyNot!?JAPAN

【海外のハーフ事情】混じっている事は良いことだ!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

blog_halloween

実際に外国人と出会えるWhyNot!?国際交流パーティーに参加してみよう!

 

アメリカでは複数の人種の血を引いている子供の人口が年々増加の傾向にあることは、『異人種同士の親から生まれた子供が増加中?アメリカのハーフ事情』の中でも紹介しました。それに伴い、多人種のバックグラウンドを持つ人々のアイデンティティーに徐々に変化が表れていることが明らかになっています。今回は、アメリカで多人種と呼ばれる人々のアイデンティティー事情についてご紹介します。

 

黒人の血が入っていれば黒人?

歌手でもあるヴァネッサ・ウィリアムズ。青い瞳と褐色の肌が魅力的な彼女は、80年代にアメリカのみならず世界をあっと言わせました。なぜなら、彼女はアフリカ系アメリカ人で初のミスアメリカに輝いたからです。これについて著者は、美女に人種云々はいちいち関係あるのか?と不思議に思いました。しかし、アメリカ人の知人から『アメリカでは白人は、黒人の血が一滴でも入っている人を黒人と認定する』と聞かされ衝撃を受けました。言われてみれば、オバマ前大統領も母親が白人であるにも関わらず、アメリカ初の黒人の大統領と呼ばれていましたね。黒人の血を引く人の中には、親から『あなたは黒人だ』と言われて育つ人もいます。これはひとえに自己防衛のためで、いわば親心ゆえ。親は子供が将来経験するであろう人種差別を想定してそうするのです。

 

photo5

出典:http://www.billboard-japan.com/special/detail/877

 

混じっていることは、誇らしいことだという考え

未だにアメリカには『黒人の血が入った人は黒人』『アジア人の血が入った人はアジア人』と誰かを人種の枠で区別する人がいることを否定出来ません。しかし、こちらも若い世代を中心に考え方が変わりつつあるようです。例えば、ある調査では15歳以下の異なる人種を両親に持つ子供は、自分が【人種が混ざっている】と答える傾向が強いことが分かっています。また、別の調査では、多人種に該当する6.9パーセント中2.9パーセント(約900万人)が、自分を【多人種】であると回答しています。この傾向は2000年以降、特に南部や中西部で顕著にみられています。近年では、白人と黒人を両親に持つ人たちが、自分の人種的アイデンティティーを【白人と黒人である】と誇りを持つことが許される社会になってきたということでしょう。

 

多人種であることはアドバンテージになり得るか?

ヴィクトリアズシークレットのエンジェルの一員であり、スーパーモデルとしても大活躍しているアドリアナ・リマ。同性でも惚れ惚れするような筋肉質で引き締まった身体と神秘的な瞳を持つ彼女。実は、日本人の血が混じっていることをご存知ですか?日本人だけではなく、フランス人、ポルトガル人、ネイティブアメリカン、カリブ人の混血です。また、中華系ハワイ人の父親とイギリス人の母親の血を引くキアヌ・リーブスは、混血セレブの先駆け的存在です。このように、近年は自身の人種的ルーツをあえて公表するセレブが増えています。この背景には、多様性を好ましく捉える人が増えただけでなく、多人種のバックグラウンドゆえに多人種にアピールすることが可能であり、ミステリアスな印象を与えることができるからではないかと考えられます。事実、58%の白人とアジア人のハーフ、25%の白人と黒人のハーフが多人種のバックグラウンドを持つことはアドバンテージだと感じているという調査結果も。一説によると、歌手のビヨンセやリアーナに人気が出のは、白人の血が入っているからだといわれています。

 

img_00544b0264bb019ef11a8b1a4438f22f141453 

出典:http://www.afpbb.com/articles/modepress/3069669

 

おわりに

多人種であることがアドバンテージなると感じる人がいる一方、残念ながら多人種ゆえに人種差別されたり偏見を持たれたりすることは否めません。そもそも、白人との混血の人たちが優遇されていると感じることがあること自体が、世の中にまだ白人による人種差別があるということの裏返しでもあります。以前、ある白人と日本人のハーフの女性がいっていたことが非常に印象的でした。『誰かが白人の悪口をいっても、私は気にしない。アジア人の悪口をいわれても気にしない。だって私は白人でもないし、アジア人でもない。ハイブリッドだから。』思春期に自身のアイデンティティーについて悩んだ末に彼女が得た答えだそうです。なかなかたくましくもあり、清々しいと思いませんか?

 

実際に外国人と出会える、国際交流パーティーに参加してみよう!
(今月のイベント一覧)

関連記事:【国際結婚】国際結婚で誤解されがちなこと:子供の国籍編

その他の『国際恋愛に関する記事』はこちら:国際恋愛の記事一覧

Blog_whynot Blog_lesson

参考文献:

Numbers of biracial babies soars over past decade
URL: https://www.washingtonpost.com/local/number-of-biracial-babies-soars-over-past-decade/2012/04/25/gIQAWRiAiT_story.html?utm_term=.0c7a3a77f3e8

Multiracial in America
URL: http://www.pewsocialtrends.org/2015/06/11/multiracial-in-america/

 

 

スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

この記事のライター

オリビア