【アメリカのハーフ事情】異人種同士の親から生まれた子供が増加中? | WhyNot!?JAPAN

【アメリカのハーフ事情】異人種同士の親から生まれた子供が増加中?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

日本で国際結婚が多くなるにつれ、ハーフの子供も増加しています。テレビではハーフタレントの露出が増え、ハーフモデルの活躍が目立ちます。日本在住の友人たちがいうには、今や都市部では幼稚園や小学校にもハーフの子供が数人いるのが普通なのだそうです。昔と比べてハーフを取り巻く事情がどんどん変化している日本。では、元祖【人種のるつぼ】アメリカではどうなのでしょうか?そこで今回は、アメリカの最新の異なる人種の両親を持つ子供たちに関する情報をお届けします。

 

close-up-of-cute-kid-full-of-paint_1149-1029

出典:http://www.freepik.com/

 

アメリカでも両親の人種が異なる子供が増加中

著者が2歳の息子を連れて公園に行くと気付くようになったことがあります。それは、以前に比べて異なる人種の両親を持つ子供が増えたということです。多人種が交じり合うロサンゼルスにいることも、きっと関係しているのでしょう。白人とアジア人を両親に持つ子供はもちろんのこと、白人と黒人を両親に持つ子供が顕著に増えたと感じるようになりました。特に、母親が黒人のケースです。以前は、黒人と白人のカップルといえば、黒人男性と白人女性が大多数でした。しかし、近年では白人男性と黒人女性のカップルは珍しくはありません。以前著者の息子が数ヵ月通った米系のデイケアには、0歳児のクラスの20人中3名が日本人と白人のハーフ、1名が中国人と白人のハーフ、1名が白人と黒人のハーフでした。これはまさに【今現在アメリカで起こっていることの縮図】だったといえます。

 

人種別にみるハーフの子供の出生率

事実、アメリカではここ30年で両親の人種が異なる子供の数が驚くほど増加しています。30年前と比較すると、なんと400%の増加。白人と黒人を両親に持つ子供の数はは100%、白人とアジア人を両親に持つ子供の数は1000%も増加しているのだそう。

 2013年度における人種別ハーフの子供の出生の内訳*

白人と黒人のハーフ 36% 
白人とアジア人 24%
白人とネイティブアメリカン 11%
3つ以上の人種が混じったハーフ 9%
人・黒人・アジア人・ネイティブアメリカン以外のハーフ  8%
人・黒人・アジア人・ネイティブアメリカン以外の2つの人種のハーフ 6%
アジア人とパシフィックアイランダーのハーフ 2%
黒人とネイティブアメリカンのハーフ 1%
白人とパシフィックアイランダーのハーフ 1%
黒人とアジア人のハーフ 1%

この背景には、若い世代に異人種への偏見が少なくなっていることが大いに関係しています。10代だけに絞って言えば、47%の白人、60%の黒人、そして90%のヒスパニックが異人種とデートしたことがあると回答しているのです(マイノリティーほど異人種との交際に偏見がない点は、大変興味深いですね)。

 

番外編:ハーフって英語で何という?

日本では、日本人と非日本人の人をハーフと呼ぶのが主流ですね。また、ハーフには未完全な響きがあるとして、あえて【ダブル】と呼ぶのを好む人もいるようです。では、英語でもハーフで正解なのかというと、NOです(そして、ダブルは問題外です)。ハーフと英語のネイティブスピーカーに言っても、正しい意味は通じません。しかし、『I am half Japanese and half American.』といえば問題ありません。また、白人の父親と日本人の母を持つ知人は、『My mom is Japanese.』と自己紹介していました。日系アメリカ人が多いハワイやカリフォルニア州では、ハーフを【hapa】と呼ぶことも珍しくありません。【hapa】はハワイ語で、『部分的に・半分の』を意味します。他には、両親の人種が異なる人のことを【biracial】と表現することがあります(例:子供の場合は、biracial child)。白人と黒人とアジア人のように3種類以上の人種が混じっている場合は、【multiracial】と呼びます。

 

おわりに

今後もどんどん増加することが予想される異人種間のハーフの子供たち。しかし、日本と比較するとハーフやクオーターが珍しくないアメリカでは、ハーフに対しての『特別感』はさほどありません。また、病院の問診票や学校の人口調査は除いて人種的な話題は公には避ける傾向があるので、面と向かって相手に尋ねることはタブーです。本人が自ら好んで話さない場合は、『この人はハーフだな』と気付いてもそれには触れないでおくのが常識ある大人のマナーだということを理解しておきましょう。

 

参考文献:
Facts for Families: Multiracial Children
URL: http://www.aacap.org/App_Themes/AACAP/docs/facts_for_families/71_multiracial_children.pdf

 

 

 

 



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

この記事のライター

オリビア