【ロサンゼルス発】映画ファンのためのハロウィンの楽しみ方 | WhyNot!?JAPAN

【ロサンゼルス発】映画ファンのためのハロウィンの楽しみ方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

blog_halloween

800人が参加する関西最大の国際交流ハロウィンパーティーに参加してみよう!

 

仮装好きやパーティー好きには持って来いのイベントであるハロウィン。しかし、アメリカのハロウィンはパーティーピープルだけのお楽しみではありません。

 

アメリカでは、老若男女問わず様々な人が楽しめるハロウィンのイベントが盛りだくさんあります。ホラー映画好きにとっても10月は格別の月になります。そこで今回は、アメリカでのハロウィン関連の映画イベントについてご紹介します。

 

墓場で楽しむ映画上映会?

著者が住むロサンゼルスでは毎年ハロウィンにまつわる様々なイベントが開催されます。イベントは仮装パーティーだけではありません。ホラー映画上映会もまたハロウィンの恒例イベントなのです。

 

数あるホラー映画上映会の中でも最もユニークで薄気味悪いのが、墓場で行われるものでしょう。偽物の墓石を並べた特設会場ではなく、正真正銘の本物の霊園が会場として使用されるのですから驚きですね。日本の霊園でタレントの稲川淳二さんが怪談イベントを開催するような感じでしょうか?ちょっと想像できませんね。

 

日本だと『死者への冒涜だ!』とか『不謹慎だ!』と非難を浴びそうなイベントです。しかし、主催者である霊園の立場からするとなかなか良いビジネスチャンスなのかも知れません(ちなみに、チケット代は16ドル)。参加者は敷地内の芝生ゾーンに折り畳み式の小さな椅子やレジャーシートを敷いて映画を楽しみます。忘れてはいけないのが、ブランケットや温かい飲み物。ロサンゼルスといえど10月の夜は冷え込むからです。

 

ちなみに、ハリウッド・フォーエバー・セメタリーの気になる映画のラインナップをチェックしてみたところ、10月7日が『ゴーストバスターズ』、19日が『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』そして22日が『ア・ナイトメア・オン・エルム・ストリート(邦題:エルム街の悪夢)』でした。

 

また、ロング・ビーチのサニーサイド・セメタリーでは、『イーブル・デッド(邦題:死霊のはらわた)』の三部作を上映予定。ホラー映画ファンには馴染みがありいまだに根強い人気を誇るホラー映画ばかりですね。霊園で観るホラー映画はいつもより恐怖感が増し、忘れられない思い出になること間違いなしです。

 

パイプオルガンの生演奏とともに楽しむサイレント・ムービーって?

次に紹介するホラー映画上映会もハロウィンの名物のひとつ。パイプオルガンの生演奏を聴きながら映画を観るイベントです。ここで上映される映画は通常の音声ありのものではなく、無声映画。つまり、俳優のセリフはもちろんのこと、音声も音響も入っていない映画です。映画に合わせて効果的に演奏されるのが、マイティー・ウーリッツァーと呼ばれる映画や劇場専用の鍵盤が4段ぐらいもあるパイプオルガンです。

 

こちらのイベントはコンサートホールで行われます。たとえば、LAX空港近くの町エル・セグンドでは、10月の金曜から日曜の毎週末にサイレントムービーの上映会が開催されます。映画のラインナップには、『ドクター・ジキル&ミスター・ハイド(1920年)』『ノスフェラトゥ(1922年)』『ザ・キャビネット・オブ・ドクター・カリガリ(1920年)』そして『ファントム・オブ・ザ・オペラ(1925年)』と、古典的ホラー映画がずらりと並んでいました。

 

テレビだって負けていない

金欠、インドア派。でもハロウィンを楽しみたい!という人もテレビがあれば、家でもハロウィン気分を盛り上げることができます。ケーブルテレビではホラー・チャンネルやサイファイ(Syfy)だけでなく、AMCやTCM(Tuner Classic Movie)でもほぼ毎日なんらかのホラー映画を放送しています。

 

また、民放であるABCでも、『ビートルジュース』や『キャスパー』など子供が一緒に楽しめる内容のホラー映画を観ることができます。ハロウィン当日は特に選りすぐりの映画揃い。『チルドレン・オブ・ザ・コーン』『ポルターガイスト』『ハロウィン』『ア・ナイトメア・オン・エルム・ストリート』『テキサス・チェインソー・マサカー(邦題:悪魔のいけにえ)』など、そうそうたるラインナップです。

 

おわりに

アメリカのハロウィンが仮装とお菓子を楽しむだけのイベントではないということをお分かり頂けましたか?ハロウィンの催しのひとつとして映画に力を入れているのは、映画産業が盛んで世界でナンバーワンのシェアを誇るアメリカならではなのかも知れません。

 

日本でもこのアイデアからヒントを得ることで、さらなる経済効果が見込めるのでは…と思うのですが、日本のみなさんはどう思われますか?

 

参考文献:

Here’s Every Halloween Movie Marathon On TV This Month
URL: http://www.huffingtonpost.com/2014/10/17/halloween-tv-marathon_n_5998104.html

 

blog_halloween

800人が参加する関西最大の国際交流ハロウィンパーティーに参加してみよう!



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

この記事のライター

オリビア