自宅にいながらにして、外国人と友達になる方法とは? | WhyNot!?JAPAN

自宅にいながらにして、外国人と友達になる方法とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

日本に住んでいるけれど、外国人の友達が欲しいという方も多いのではないでしょうか。国際交流パーティーに参加するのは、日本在住の外国人と知り合う絶好の機会です。では、海外にいる外国人と知り合うにはどうすればいいでしょう?それは、ペンパルを作ることです。今で言うところの、メル友です。

 

その昔、インターネットがなかった時代は、海外に住む人とは国際郵便のエアメールで手紙をやり取りしなければなりませんでした。手紙が相手や自分に届くのに時間が掛かるため、今では手紙は俗語で『snail mail』と呼ばれています。Snailはカタツムリのことです。メールが瞬時で相手に届くことを考えると、到着までがノロノロしているように感じられる手紙がカタツムリに例えられるのも分からないでもありません。さて、前置きが長くなりましたが、本題に入りましょう。インターネットでペンパル作りです。

 

table-white-home-interior

出典:https://www.pexels.com

 

ペンパル募集サイトと出会い系サイトの違い

出会い系サイトといっても、日本でいうところの『出会い系サイト』ではありません。Match.comに代表されるようなサイトです。出会い系サイトの利用の目的が、恋人やパートナーを探すことであるのに対して、ペンパル募集サイトのそれは『友達探し』です。ほとんどの場合において、誰でも無料でペンパル募集サイトを利用出来ます。サイトを通じてペンパルを募集するので、名前やメールアドレスなどの個人情報をペンパル募集欄に掲載する必要がないので安心です。日本にいながらにして、老若男女・国籍・人種・居住地問わず、多種多様な人と知り合えるのが最大の魅力です。

 

お勧めのペンパル募集サイトは?

世界中にさまざまなペンパル募集サイトがありますが、日本に興味がある外国人・親日家が集まるサイトがお勧めです。理由は簡単。そのサイトには、日本人と友達になりたい人だけが集まっているからです(だたし、一部の怪しい人間を除く)。親日家の外国人なら、喜んで日本について質問したり話したりしてくれるでしょう。それ以外のサイトを利用した場合、せっかくメールを送っても、返事が返って来ない可能性すらあります。日本に興味がない外国人は、取り立てて日本人と友達になりたいとは思いませんから。それではメールを書いて返事を待つのに費やす労力と時間の無駄になります。

さて、日本に興味のある外国人が日本人のペンパルを募集しているウエブサイトは、こちらです(このサイトの回し者ではありませんので、悪しからず)。

www.japan-guide.com

このウエブサイトは、ペンパル募集専用サイトではありません。日本の文化について学んだり、日本へ旅行することを考えている外国人にとって有用な情報を得られるサイトです。そのサイト内に、ペンパル募集のページがあります。決していかがわしいサイトではないので安心してください。ペンパル募集のページでは、自分からペンパルを募集することも可能です。これ以外にも親日家がペンパルを募集しているサイトがありますので、自分に合ったものを探してみてはいかがでしょうか?

 

ペンパル募集サイト利用時の利点

ペンパル募集サイトを利用して気が合う友達が出来たら、後々メールだけでなく、チャットや電話でも話すようになるでしょう。メールやチャットを通じ、頭を速く回転させて『英語で考える』癖が身に付くことが期待出来ます。ラインやスカイプの無料電話を利用して話すようになれば、英会話学校に通わずに自宅で英会話の練習にもなります。交友関係が長くなって、相手が信頼出来る人だと分かれば、お互いの国を訪ねることも夢ではありません。

 

ペンパル募集サイト利用時の注意点

Match.comなどのサイトにも同じことが言えますが、中には時々おかしい人が混じっていることがあります。若い女性がペンパルの募集をかけると、多くの男性からメールが届いて驚くかも知れません。勘違いメールが届かないためには、ペンパル募集の目的を『友達作り』や『国際交流』と設定しておくのが賢明です。それにも関わらず、ナンパ目的でメールして来る外国人男性や、いきなり下ネタを書いてくる外国人男性は、迷わずスルーしましょう。

また、メールや電話のやり取りを重ねるうちに、お互い恋心が芽生えることがないとも限りません。しかし、中には既婚者であるのに独身(や別居中)とステイタスを偽ったり、恋人がいるのにシングルと偽ったり、年齢詐称をしたり、ルックス抜群の赤の他人の写真を無断で自分と偽って送って来たりする人もいます。何が何でも自分の写真を送ることを断固拒否する人も胡散臭いです(何か送れない理由でも?)。こちらの質問内容をまったく無視したような当たり障りのないメールしか送って来ない人もいます。その場合、まるで文章をテンプレートにしてメールしている感じなので、相手は同じメールを複数の人に送っている可能性が高いでしょう。

なぜそんなことをするのか?単に相手をからかいたい人、妄想の中の自分になって誰かと出会いたい人、サイトを利用して愛人や自分に都合の良い女性を探す不誠実な人…目的はさまざまです。しかし、相手が海外在住という『距離』を悪用している共通点があります。そのような人たちに出会わないことに越したことはないのですが、くれぐれも注意したいところです。

 

中には将来のパートナーに出会った人も 

著者の周りには、ペンパル募集サイトを通じで友達になり、後に恋人になって結婚に至った人が何人かいます。ペンパル募集サイトは侮れませんね!しかし、これらの人たちは最初から恋人探しが目的だったわけではなく、結果的にそうなったようです。これを世間では『縁』と呼ぶのだと思います。ですから、ペンパル募集サイトに将来のパートナーと出会える可能性をまったく見出せないわけではありません。ただ、『起こるかどうか分からない可能性に賭けられない』『そんな悠長なことを言っている時間がない』と、真剣に恋人やパートナーを求めている人は、ペンパル募集サイトに過度な期待を抱くのはお門違いというもの。その点、Match.comeHarmonyなどのサイトは、同じ目的を持った人たちが登録していますから、まどろっこしいやり取りは避けられます。そちらのサイトで恋人を探す方が合理的です。

 

ペンパルと長続きするためのコツ

せっかくペンパルを見つけたのに、2~3回メールのやり取りをしただけで、それ以降なんとなく音信不通になってしまうことは珍しくありません。一体何故なのでしょうか?理由を考えてみました。

 

1. 最初から気合の入った長文を送ってしまう

(中には、長文というだけで読む気をなくしたり、圧倒される人もいます)                                

2. 頻繁にメールを送り過ぎる

(筆まめでない人は、毎日や一日数回メールをするのが億劫に感じる人も)                                      

3. 共通点がなさ過ぎる

(同じ趣味があれば話題は膨らみやすいですが、そうでなければネタ切れになる可能性も)                                 

4. 下心が見えている

(相手にその気がなければ面倒以外の何物でもありません。こちらにその気がない場合も、同じです)

 

他には、単純にメール交換に興味を失った、急に忙しくなってメールどころではない…といった理由も考えられます。そんな場合は、一瞬でも交流があったのは残念ですが、きっと『友達としての縁』がなかったのでしょう。ペンパルと長続きしない原因から、逆にペンパルと長続きする秘訣がおのずと分かって来ます。

 

1. 最初は気負わずに、気軽に『短過ぎず、長過ぎない』メールを送るよう心掛ける

(メールが短過ぎると、相手に興味がないように思われる可能性があります)               

2. 共通点のある人を選ぶ                                

3. 同性を選ぶ

(恋愛感情に発展することが少ないので、関係が複雑になりにくい。年齢が近い場合は、悩み相談をする仲になれることも)                      

4. 自分が興味のある国の外国人を選ぶ

話題に事欠かない上に、何より自分の母国に好意を持たれて悪い気がする人はいないはず)                                

5. メールにこだわらず、ラインやチャット、電話、時には手紙などありとあらゆるツールをフル活用する

(ただし、個人情報の交換は、お互い信頼出来る関係になった上で。手紙やカードは、メールが主流になった今日だからこそ新鮮味や話題性があります。特にクリスマスや誕生日は、メールよりカードが喜ばれることも)

 

最後に

今やインターネットやメールは必要不可欠。私たちの世界をより小さく、距離を近くするのに成功しました。それらの技術を最大限に利用しない手はありませんし、その便利さには感謝してもしきれません。しかし、インターネットやメールに限らず、何事にも便利なものには危険やリスクが伴うのも事実です。インターネットを利用するさいには、『何が起こっても自己責任』ということを念頭に置いて、是非賢く活用したいものですね。

 

 

Blog_whynot Blog_lesson



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

この記事のライター

オリビア