【あなたは全部知ってる?】身体の部位を使った英語表現 第1弾 | WhyNot!?JAPAN

【あなたは全部知ってる?】身体の部位を使った英語表現 第1弾

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

blog_benner

実際に外国人と出会えるWhyNot!?国際交流パーティーに参加してみよう!

 

限りなくある英語のイディオム・表現の中で、今回は身体の部位を使ったものを厳選してご紹介します。アメリカ人の英語ネイティブスピーカーがよく使用しているものばかりです。是非覚えて会話の中に取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

 

  • no brainer

『No brainer』はスラングで、『非常に簡単なこと』や『朝飯前』を意味します。英語通り、『脳みそを使って考えるまでもない』のです。

例)A:” This math question is not complicated at all. It’s a no brainer.” B:” You are such a brainiac!” (A:この数学の問題は全然複雑じゃないよ。簡単さ。B:君って天才だね!)

 

  • read my lips

『Read my lips』は直訳すると、『私の唇を読みなさい』。つまり、話し手に自分のこれから発する言葉を『注意深く聞きなさい』と促すときに用いられます。ちなみに、このフレーズは第41代アメリカ大統領のブッシュ・シニアが、”Read my lips. No new tax.(よく聞いて下さい。新しい税はありません)”とスピーチで選挙の公約として挙げたことがきっかけで、アメリカ人に広く知れ渡ることになりました。

例) “Read my lips. You should break up with him for your sake.”(よく聞いて。彼とは別れるべきよ。)

 

  • from head to toe

『from head to toe』 の意味は直訳の通り。『頭の先から爪の先まで』を意味します。

例)Record breaking heatwave makes me sweat from head to toe during the day time.(記録的熱波のせいで日中は全身汗だくだ。)

 

  • give someone the cold shoulder

『give someone the cold shoulder』は、『~を冷遇する』、『よそよそしい態度を取る』の意味があります。語源は、冷たい羊の肩肉を客に出すことから来ています。

例)He gave his girlfriend the cold shoulder out of blue.(突然彼は恋人によそよそしい態度を取った。)

 

  • tooth and nail

『tooth and nail』は、『死力を尽くす』、『必死で』の意味があるイディオムです。『歯も爪も自分の持っているものをすべて使って』というのが 語源です。

例)We fought tooth and nail to the end.(私たちは最後まで必死に戦った。)

 

  • give someone the finger

『give someone the finger』のイディオム中の指は、中指です。したがって、『~に中指を立てる』を意味します。英語圏で中指を立てることは、相手に対する侮辱を意味するのはご存知の通り。『give someone the middle finger』と言うことも。日本でも意味を知ってか知らずか、写真に中指を立てて写っている人がいます。しかし、英語圏ではこれは挑発的で危険な行為。特に男性に対しては、喧嘩を売っていると取られる可能性が。Fワード同様、英語のネイティブスピーカーでない人は、軽々しくこのジェスチャーをしない方が賢明です。

例)He pissed me off so bad. So, I gave him the finger.(彼は私を非常に怒らせた。だから、くたばれと罵ってやったんだ。)  

 

  • have cold feet

『have cold feet』は、『怖気付く』の意味があるイディオムです。このフレーズがよく使われる場面は、結婚式直前やバンジージャンプやスカイダイビングなどの危険なスポーツに挑戦しようとしたときなど。

例)The groom had cold feet on his wedding day. (新郎は結婚式当日に怖気付いてしまった。)

 

  • have butterflies in one’s stomach

『have butterflies in one’s stomach』は、直訳すると、『胃の中に蝶々がいる』。胃の中に複数の蝶々が飛び回っている場面を想像してみて下さい(実際は、そんなことはあり得ませんが)。なんだか落ち着かない感じですよね?つまり、『ソワソワして落ち着かない』や『緊張している』気持ちを表しているのです。誰かに恋をして、ちょっと落ち着かない気持ちを表すのに最適のイディオムです!

例)I can’t take my eyes off her. I have butterflies in my stomach. I think I am in love with her. (彼女から目が離せなくて、ソワソワして落ち着かないんだ。多分、彼女のことが好きになったんだと思う。)  

 

  • mouth-watering

『mouth-watering』には、『よだれが出る・出そうな』と言う意味があります。口の中が水浸しになる…つまり、口の中がよだれでいっぱいになるということ。

例)Look at this mouth-watering chocolate cake!(ちょっとこのよだれが出そうなチョコレートケーキを見てよ!)

 

  • eye candy

『eye candy』は、『目に良い物・人』の意味があります。つまり、『目の保養』です。

例)Eddie Redmayne is my eye candy.(エディー・レッドメインは私の目の保養だ。)

 

  • get on someone’s nerves

『get on someone’s nerves』は、直訳すると、『~の神経に障る』。このことから、『イライラさせる』ことの意味になります。

例)My boss keeps bugging me. He gets on my nerves.(上司が煩わしいんだよ。うざくなってきた。)

 

おわりに

いかがでしたか?知っているイディオムはありましたか?この他にもたくさん身体の部位を使った英語のイディオムや形容詞・形容動詞があります。それらは第二弾として、また別の機会にご紹介します。

 

好きなカフェでマンツーマン英会話レッスン
(約300名のネイティブ講師が登録)

 Blog_lesson



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

この記事のライター

WhyNot!? 公式