あなたは全部知ってる?『時間』に関する慣用句・表現10選 | WhyNot!?JAPAN

あなたは全部知ってる?:『時間』に関する慣用句・表現10選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

blog_benner

実際に外国人と出会えるWhyNot!?国際交流パーティーに参加してみよう!

 

多数ある英語のイディオム・表現の中で、今回は『時間』にまつわるものを10個厳選してご紹介します。どれもネイティブスピーカーがよく使っており、難しい単語はまったくありません。知っていると便利なイディオムばかりですので、是非この機会に全て覚えてネイティブスピーカーぽく話しましょう!

3078

出典:http://www.freepik.com/

 

 

 

24/7

文字にすると何かの暗号のようにも見えるこのスラング。そのままtwenty four sevenと発音します。スラッシュ(/)は発音する必要はありません。『24/7』は、24 hours a day / seven days a weekを表し、つまり、『常に』や『ずっと』を意味します。お店の営業時間について話す場合に用いられることが多いです。お店で一日24時間週に7日営業しているとなれば、『年中無休』のことですね。

 

例1)That store is open 24/7.(あの店は24時間営業である。)
例2)Leticia takes care of her newborn baby 24/7.(レティシアは24時間体制で新生児の世話をしている。)
例3)Michael plays games on his cell phone 24/7.(マイケルはいつも携帯でゲームをしている。)

 

once in a blue moon

『once in a blue moon』は、『ごくまれに』を意味する慣用句です。通常ひと月に1回しか見ることができない満月が2回見られるのが、ブルームーン。つまり、非常に珍しい状態を表しています。

例)Brian stops by his sister’s house once in a blue moon.(ブライアンは姉の家をごくたまに訪ねる。)

 

against the clock

『against the clock』には、『(締め切りに間に合わせるために)時間に追われて』の意味があります。前置詞のagainstには『対抗して』や『抗って』 の意味合いがあるので、時計と競い合って(闘って)作業を行っているイメージを思い浮かべてください。

例)We have been working against the clock since last Friday. (わたしたちは先週の金曜日から時間に追われながら働いている。)

 

around the clock

『around the clock』は、『24時間ぶっ続けで』、『休みなしに』、『一日中』の意味です。時計の針がぐるりと回るイメージから来ています。

例)Anthony worked around the clock to solve the problem.(アンソニーは問題解決のために休みなしに働いた。)

 

day and night / night and day

『day and night』または『night and day』には、どちらも『日夜』『絶えず』『休みなく』の意味があります。

例)Cameron worked day and night until she paid off her debt.(キャメロンは借金を払い終えるまで休みなく働いた。)

 

beat the clock

『beat the clock』には、『(定刻までに)仕事を終える』 の意味があります。時間と闘った結果、勝利するイメージから来ています。余談ですが、『beat(~に打ち勝つ)』を使用する他の慣用句には、『beat the traffic』で『交通渋滞を避ける』や『交通渋滞を免れる』があります。

例)Nathan beat the clock so that he would go to the concert in time.(ネイソンはコンサートに間に合うように定時までに仕事を終わらせた。)

 

run out of time

『run out of ~』には、『~を使い果たす』や『~が不足して』の意味があります。したがって、『run out of time』は『時間切れで』のことです。

例1)We are running out of time. (わたしたちは時間切れになりそうだ。)
例2)Time is running out.(一刻を争う状況だ。)

 

in no time

『in no time』は、『すぐに』『あっと言う間に』の意味があるイディオムです。ネイティブスピーカーがかなりの頻度で使用しています。非常に英語らしい表現です。

例)I will get there in no time.(間もなくそこへ着きます。)

 

time sensitive

『time sensitive』には、『有効期限がある』『すぐ取り掛かる必要がある』といった意味合いがあります。アメリカではすぐに開封する必要がある手紙や(政府関係の)通知などには、【Time sensitive material】と表記されていることがあります。また、期間限定のお得な情報が入っているダイレクトメールにも、受取人の注意を引くために同様の表記があることも。

例)Since this is a very time sensitive issue, we will need to resolve it immediately. (これは非常に時間に制限のある問題なので、直ちに解決しなければならない。)

 

in a timely manner

『in a timely manner』には、『適時に』や『タイミング良く(タイミングを守って)』の意味があります。ビジネスにおいて使われる頻度が高いイディオムです。

例)I would appreciate it if you would look into this matter in a timely manner.(この件についてなるべく早めに調査して頂ければ幸いです。)

 

好きなカフェでマンツーマン英会話レッスン
(約300名のネイティブ講師が登録)

 Blog_lesson



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

この記事のライター

オリビア