アイコンタクトはどうして大事なの?日本と海外の違い | WhyNot!?JAPAN

アイコンタクトはどうして大事なの?日本と海外の違い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

英語が苦手だからと言って、外国人の友達ができないとギブアップしないでください!

英語という言語だけに頼らないで、言葉以外のコミュニケーションで乗り切れることもよくあります。
特に、海外ではアイコンタクトはコミュニケーションの基本。

 アイコンタクト

 

日本人は話をする時に相手の目を見ないで話す国民だとよく言われます。

入試や就職の面接でも、昔はよく相手の目を見るのではなく、ネクタイの結び目を見た方がいいというアドバイスもありましたよね?

 

日本の文化では、相手の目をしっかりと見つめる=失礼な態度、相手を威嚇する挑戦的な態度とされてきました。

 

親が子供を叱るときも、子供が親の目を見つめていると「なんだ、そんな目をして!」と怒られました。だから、子供は怒られている時は、視線を合わせずにうつむいている方がいいのです。笑
もちろん、最近は日本でも目を見た方がいいという考え方も広まってきています。

 

海外では、コミュニケーションを取るときに相手の目を見ることは、基本中の基本で当たり前です。

相手の目をまっすぐに見ることは、その人の話に耳を傾け、相手に関心があるということを示します。
反対に、相手の目を見ないと、話がつまらない、その人に全く興味がないという印象を与えてしまいます。
また、相手に自信のない人のようなイメージを持たれたりと誤解を招きかねません。

 

英語が苦手だと、不安な気持ちが先立ってますます視線をそらしがちになるかもしれません。

でも、しっかりと相手の目を見て話すことで、相手もあなたが一生懸命に何か伝えようとしているという熱意を感じ、理解しようと努力してくれるはずです。

 

もちろん、話す前のアイコンタクトも大切です!
特に、アイコンタクトと「にっこりスマイル」のコンビネーションは、外国人とのコミュニケーションには欠かせません。

視線があった瞬間お互いににっこりと笑顔を交わすと、初対面の相手でも自然と会話が始まるはずです!



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

この記事のライター

Boo