大好きだった外国人の彼と別れてしまったエピソード集(まとめ) | WhyNot!?JAPAN

大好きだった外国人の彼と別れてしまったエピソード集(まとめ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

大好きだった外国人の彼と別れてしまった・・・

そういうことも、ありますよね。
国際恋愛をした人の中では、日本人同士とは違う理由で別れてしまった人も沢山いると思います。

では、どんな理由がきっかけで別れることになってしまったのでしょうか?
今、国際恋愛をしている人、好きな人が外国人の人は少しでも参考になるかもしれないので、一緒にみていきましょう!

 

fregthdyjrset_TP_V

出典:https://www.pakutaso.com/

 

言葉の壁

 

『愛があれば言葉の壁なんて!』

っていうのは絵空事。片言で話しても、深い愛情なんて生まれない。

どんなに言語に長けていても、日本人同士の様にスムーズにはいかない面が存在するのが現実。
出典:http://ameblo.jp/yayoi-london/entry-11981697050.html

 

確かにコミュニケーションの基本は「言葉で伝えること」です。それが自分の母語ではなくて、第2、第3言語であれば、自分の気持ちをオブラートに包むのが難しかったり、むしろ何と言っていいかすらわからなくなることもあるかもしれません。それによるすれ違いをなくすのは、かなりの努力が要ります。その努力を続けられなくなった時には、終わりが訪れてしまいます。

 

language

出典:http://www.book-flavor.com/effect/vocabulary.html

 

国際結婚カップルはどちらかが母国語以外の言葉を話すことになりますが、会話にならないほど「言葉の壁」が厚すぎる場合、国際結婚は難しいかもしれません。外国人との結婚では文化の違いから、互いの夫婦観や子育てに対する考え方などに違いが出てくることもあり、この時にきちんと2人でコミュニケーションが取れないと、2人の絆を深められないことになります。
出典:http://www.madameriri.com/2014/04/10/

 

子供が生まれたら教育方針を二人で話し合わなければいけないですが、文化の違いにより相手が言っていることを理解できなかったり(言語では理解できても内容が)、何を言っているか単語がわからなかったりすると、まとまるものもまとまらなくなってしまい、子供を育てる上で二人の亀裂に繋がってしまいます。

 

彼以外とのコミュニケーションには言語の習得が必須です。話せない、聞けないことで疎外感や孤独感を味わうことだってたくさんあります。それでも彼のために努力をいとわないと思える愛があれば、きっと乗り越えられますし、軽い気持ちで始めれば、痛い思いをするのは自分自身です。
出典:http://love-to-all.jp/gaijinsuki16584/

 

彼とコミュニケーションが取れても、彼の家族とコミュニケーションを取れないというのはとても大変です。ボディランゲージでという方法もありますが、所詮は挨拶や浅い会話しかできなくなってしまいます。彼が「彼女はこんな人だよ。」「毎日こんなことをしてくれるんだよ」と伝えてくれているのであれば、自分の魅力も義理の家族に伝わります。しかし、自分でアピールしたかったり、何か話したいことがあっても、深い話もできず、面白みのない子ねと思われてしまうのもしょうがないでしょう。それにより彼との気持ちがすれ違ってしまう可能性もあります。

 

文化の違い

 

共働きが当たり前で、精神的にも金銭的にも自立した女性を求めるフランスでは、麻衣子さんのような考え方は通用しません。しかし麻衣子さんは働くだけの語学力もないため、どうしていいか分からずに悩む毎日。その間にザビエの麻衣子さんに対する愛情は急速に冷めていき、結局半年後には破局を迎え、ひとり日本に帰国することとなりました。
出典:http://news.mynavi.jp/c_career/level1/yoko/2011/06/3_13.html

 

国によって「女性」「男性」の役割のイメージは違います。そこで勝手に自分で判断してしまうよりも、国が違うからこそ日本人同士以上に話し合い、二人の決断で物事を進めていくことが大切ですね。

rsz_couple_by_lake
出典:http://relateinstitute.com/945-2/

 

外国人は、映画やドラマを見ていてもわかるように、結婚して子供ができた後も、カップルの時間を大切にします。だからこそ、日本に比べてベビーシッターと いう職業も広く認知されています。日本だと、「誰かに子供を預けて、二人で旅行に出かけたりディナーに出かけたりするなんて・・・」という世間一般常識がありますが、 こちらでは至って普通の事。むしろ、その時間が大切とされています。日本人女性が、その外国の概念に合わせられるかどうか、という所がポイントですね。
出典:http://nadeshikocanada.com/2013/06/13/why-international-couple-divorce/

 

日本と、外国の夫婦像はかなり違います。そんな中で、結婚後に「恋人」らしいことをあまりしない夫婦が日本では多い中で、外国の夫婦は「二人の時間」をとても大切にします。自分のイメージを勝手に押し付けずに、相手の声を聞くことが重要です。

 

man-couple-people-woman
出典:https://www.pexels.com/

 

国が違うともちろん文化も違ってきます。
価値観はその人の背景にある文化に色濃く影響を受けるのです。
国際カップルではお互いのそういった価値観の違いを受け入れられずに別れてしまう方も多いのです。自分の文化の押し付け合いになってしまうのですね。
また、日本人は特にネガティブ思考で引っ込み思案な気質があります。
また、愛情表現もあまりしません。恋人がその消極的な態度や愛情表現の薄さに不満を募らせてしまい振られたという方も多いようです。
出典:http://wakale.com/post-1598/

 

「自分の表現の仕方」には、日本と外国ではかなり差があります。外国の人と付き合った際には、「自分の気持ちを出すのが恥ずかしい」ではなく、相手を幸せにするために言おうという気持ちで毎日の生活の中でコミュニケーションをとっていくことが必要です。

 

不安が取り除けない

 

Sad-couple-young-adult-010

出典:http://www.theguardian.com/

 

とにかく彼の束縛がひどくて、ほとんど携帯電話は鳴りっぱなし。残業で、“仕事終わったよ!”の連絡が数時間遅れただけでも、彼は浮気を疑ってきました。私も結構束縛したいタイプなので初めのうちは良かったのですが、仕事のことにまで理解がなく、友達と遊んでいる時も携帯ばかりさわる私なので申し訳ない気持ちになり、だんだんと友達とも遊ばなくなってきていました。ある時、全然楽しくない日常にやっと目が覚め、彼と別れました。
出典:http://ren-ai.jp/28134

 

これはどこの国でも同じですが、「嫉妬」が激しすぎのは、別れの原因になります。もしかして彼は、異国に来て頑張って仕事をしている綺麗な日本人の彼女が誰かに声をかけられていないかや、彼女が異国の他の男性にも惹かれているんじゃないかと思っていたかもしれませんが、束縛のしすぎはダメですね。

相手を信頼してあげることが大切ですね。

 

 

article-2359589-1AC0AB01000005DC-545_634x419

出典:http://www.dailymail.co.uk/

 

I think we should be a part.って彼に言われたのは付き合い始めて4ヶ月のころだった。
はじめの1.2ヶ月はとっても楽しかったけど、一度大きな喧嘩をしてから喧嘩が絶えなかった私たち。
とにかく何もかもがうまく行かなくて、お互いがお互いのことをとても不審に思った。
私が、まだ日本語のレッスンを他の男性にしていた事が気に入らなかった彼。そんな時にやきもちを焼かせるような事を言う私。気が強い私。
出典:http://katespaper.exblog.jp/70155/

 

本当は相手はこう言われたくないんだろうと思うけど、相手に疑わしさがあったり、やきもちをやかせたい時は、逆に言ってしまうことがありますよね。しかし、それは完全に逆効果です。国際恋愛をする中で本当にこの人と価値観が合うかな、自分は本当に好かれているかなと不安が多い中での怪しい行動は、完全にNGです。

 

 

Couple lying together in bed, woman restlessly awake looking away
出典:http://www.mirror.co.uk/money/fear-keeping-women-up-night-7615688

 

今イギリス人の彼と遠距離をしています。日本で出会い、4ヶ月過ごし、私:英国(大学院) 彼:中東(教師)の遠距離を5ヶ月、計9ヶ月一緒です。

彼も私もお互い大好きで、結婚の話もちらほら出ますが、お互いの背景の差などで将来一緒にいるよりもお互いのためになるなら、別れなければいけないかもね、という話をし始めました。確かに納得できるんです。そうなってしまったら、縁がなかったと納得しなければいけないとも思うし、超シビアに考えれば一時的に傷ついてもいつか大丈夫になって誰かほかの人をみつけるんだとも思います。ただ、今は彼以外考えられないし、やっぱりそうなったらと考えるとどうしても淋しくて仕方なくなります。しばらく会ってないから余計に不安になったり、悩んだりするのだろうともおもいます。
出典:http://oshiete.goo.ne.jp/qa/7233609.html

 

将来の不安、これはとても大きいです。相手が自分の国に来て本当に生活していけるか、家族と合うか、自分一人で支えきれるかなど、いろいろとあります。ましてや遠距離国際恋愛では、顔を見て一度話し合いたいと思ってもそれができないのが現実です。不安は増していくばかりです。

この問題だけは、お互いを信頼し、二人共が覚悟をする瞬間を待つしかないです。

 

二人で、協力して乗り越えることが必要です。

 

stevenandchristine-0324

出典:https://isaidabsolutely.wordpress.com/category/international-couple/

 

何がお互いに障害になるかは、二人次第。上に書いた3つの理由で別れてしまう人もいますし、逆にその違いを楽しみ、受け入れ、協力して幸せな生活を送っている人はたくさんいます。

日本人でも違うところがたくさんあるのに、外国の人であれば、きっともっとあります。それをいちいち原因にして喧嘩をして別れてしまうより、自分が成長するための障害だと考えると、いいかもしれません。そして二人で数々の障害を乗り越えた後は、以前にも増して楽しい生活が送れることでしょう。

そういった生活を目標にして、頑張っていきましょうね♪

 

関連記事:もう、その恋愛は終わりかも?外国人男性の別れのサイン9選

その他の『国際恋愛に関する記事』はこちら:国際恋愛の記事一覧

 

Blog_whynot Blog_lesson



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

この記事のライター

Mirza