ハロウィンには何を着る?人気コスチュームTOP10 | WhyNot!?JAPAN

ハロウィンには何を着る?人気コスチュームTOP10

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

blog_halloween

実際に外国人と出会えるWhyNot!?国際交流パーティーに参加してみよう!

 

ハロウィンに仮装することにしたけれど、どんな仮装をするかまだ決めていない方。または、いろいろなアイデアがありすぎて、なかなか決められないという方。ハロウィンの本場アメリカでも、当日何を着るか真剣に悩む人は少なくありません。今回は、アメリカでどんなコスチュームが人気があるのかをご紹介します。ここから何かヒントが得られるかも知れませんよ!

 

10551587654_0bdcd62ab8_z

10551536815_18396a5289_z
出典:WhyNotJAPAN 国際交流ハロウィンパーティー

 

下調べと準備に抜かりなし!

アメリカのある調査では、昨年アメリカ人がハロウィンのコスチュームに費やした金額の平均が、74.34ドルであることが分かりました(※1)。ハロウィン当日しか身に着けないコスチュームにこの金額を掛けるアメリカ人。手作りで、しかもクオリティーが高いとなると、さらに値が張ることが簡単に予想されます。かなり本気モードの人が多いですね!そんなもろもろの理由のためか、コスチュームを決める前にインターネットで下調べをする人が続出。昨年はどんなコスチュームの検索が多かったのか、気になりませんか?

 

  1. ハーレイ・クイン
  2. スター・ウオーズ
  3. スーパーヒーロー
  4. 海賊
  5. バットマン
  6. ミニー・マウス
  7. 魔女
  8. ミニオンズ
  9. ジョーカー
  10. ワンダー・ウーマン

 

検索の上位10のうち、半分がアメコミ系。特に、DCコミック(MARVELと並ぶ、アメリカの2大アメコミ出版社)強し!です。アメリカでは人気のコスチュームは、その年に公開された映画や、話題になった芸能人、大統領選挙がある年には候補者などに影響を受ける傾向があります。

 

子供の仮装事情

子供のコスチュームも例外なく、流行りのアニメや子供向け映画が反映されます。90年代では、ニンジャ・タートルズ、紫の恐竜バーニー、セーラー・ムーン、トイストーリーのウッディとバズ、パワーレンジャーにサウス・パークのカートマンとケニー。2000年代では、ハリーポッター、スパイダーマン、キャプテン・ジャック・スパロウ、スポンジボブ、ダースベイダー、ハナ・モンタナなど。2014年は映画アナ雪の爆発的なヒットで、エルサやオラフといった具合です(※2)。

男の子に人気があるコスチュームは、やはりスーパーヒーロー系です。女の子にはお姫様系が人気。アナ雪をはじめとするディズニーのお姫様関係のコスプレは、日本ではアリのようですが、アメリカでは成人女性なら敬遠しがちです。アメリカでは、お姫様は未就学児の女の子が将来なりたい職業(?)ナンバーワン。それゆえに、お姫様は少女が憧れるものと決まっているのです。

 

2015年にアメリカで人気があったコスチュームは?

では、実際にアメリカ人が昨年どんなコスチュームを購入(または、作成)したのでしょうか?

  1. 魔女
  2. 動物
  3. バットマンの登場人
  4. ゾンビ
  5. スターウォーズの登場人物
  6. 海賊
  7. 吸血鬼
  8. アクション/スーパーヒーロー
  9. 医者/看護婦
  10. ホラー映画の登場人物/政治家/セクシー系の女性

 

堂々1位に輝いたのは、魔女でした。ここでいう魔女は、杖を持った大きな鼻の老婆…ではなく、セクシー系やキュート系、小悪魔的な魔女であるのは言うまでもありません。著者が少し意外に思ったのが、看護婦です(ここは、あえて看護師ではなく、看護婦とします!)。ERやグレイズ・アナトミーなどアメリカの医療系ドラマを観た方ならお分かりのように、アメリカの看護師は日本の看護師のような制服を着用しません。ナースキャップもありません。現在、白衣の代わりに、スクラブと呼ばれる上着が主流です。さまざまなカラーがあり、中には模様(キャラクターや動物、花など)が入っているものまであります。看護師の仕事が重労働であることを考慮すれば、スクラブはかなり機能的でしょう。また、患者の緊張を緩和するともいわれています。ただし、色気からは程遠いのは否めません。

 

一部のニッチな層を除いては、スクラブに日本の男性が抱くようなファンタジーを求めるアメリカ人はいません。なのに、なぜ看護婦?…と思いきや、ここで人気がある看護婦のコスチュームはスクラブではなく、もちろんセクシー系です。どうやらアメリカでも90年代に入るまでは、日本の看護婦のような伝統的なものを着用していたようです(ただし、スカート丈は長め。)。もしかすると、男女平等の思想が根付いているアメリカでも、「昔の看護婦の制服は良かったな~」とノスタルジーを感じている人が多数いるのかもしれませんね。

 

blog_halloween

WhyNot!?ハロウィン仮装パーティーに参加してみよう!
(800人の外国人&日本人が参加するよ!)

 

参考文献:
(※1)Americans Will Spend Nearly $7 Billion on Halloween This Year
http://time.com/money/4069887/halloween-spending-costumes-candy/

(※2)See the 28 Most Popular Halloween Costumes by Years in This Cool Infographic
http://www.popsugar.com/smart-living/Popular-Halloween-Costumes-Year-38415313#photo-38415313



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

この記事のライター

オリビア